娘や息子が独立したのでこれをキッカケに自分の老後のことを考えるようになりました。銀行に貯金している分もありますが、今後の日本経済のことを考えるともっとしっかり自分で自分の老後は考えねばと思い株を調べ始めました。

老後に備えて株を始める

定年退職してから株を始めるのは遅い?

定年後に株を始めるか悩む男性インターネットなどの通信技術が高度に発達した現代だと、株式投資はかつてほどハードルの高いものではなくなりました
自宅にいながらにして売買の指示を出すこともできるようになっていますから、定年退職後の時間を投資に使うという選択肢も非常に現実的なものであると言えるでしょう。
最近では、WEBサイト上で投資顧問といった情報提供や助言サービスを受けることができるサイトが増えてきています。
そういったサイトを活用して投資を行うのも一つの手段でしょう。
例えば、株式会社ファーストリッチ投資顧問が運営するサイトでは、株式投資の初心者でも安心して利用できます。
投資顧問のサービスを受けて株式投資をしたいと考えるなら、ファーストリッチ投資顧問の評価をチェックするなどして自分に合った投資顧問先を見つけることをオススメします。
ただこの、定年退職後に株式投資に取り組むということについてはさまざまな意見があるのも事実です。
これについては行うべきだ、行うべきではないというそれぞれの意見にしっかりとした根拠があるため、みている側からすると迷ってしまいがちでしょう。
ではこの問題については実際のところどうなのかというと、基本的に取り組むこと自体は問題ありません。
別に投資を行うことに上限年齢は定められていませんから、口座の開設ができる年齢をクリアしているのならば何の問題もないのです。
ただ定年退職を迎える前の現役世代と比べると考え方を変えなくてはならない点があり、それが「損をしてはならない」という点です。
極端な話ですが、定年退職がまだまだ先の若い人であれば多少の無茶な投資をしても問題ありません。
仕手株のように100万円を投資して翌日にはすべてを失うかもしれない、しかし上手く行けば200万円以上になって返ってくる可能性もあるといったようなものであっても、本人が納得しているのならばやってみても良いでしょう。もし仕手株に挑戦するのであれば、抑えるべき仕手株の情報発信元を紹介をこちらでしていますので是非確認してみましょう。
というのも、現役世代はまだ働いて給与を受け取っているわけですから、かなりリカバリーがしやすいのです。
投資で負債を作っても給与から返済をすることが可能ですし、銀行などの金融機関も現役世代への融資は比較的積極的に行います。
しかし定年退職後の高齢者となると、もう退職してしまっているわけですから給与を受け取ることはできません。
ここが現役世代との最大の違いで、定年退職後に株式投資に取り組んで失敗すると、老後の生活のために貯めておいた資金を崩さなくてはならなくなる可能性があるのです。
多少であればまだ投資で取り返すこともできるでしょうが、損をすることを繰り返してしまうと、最初は余裕のあった老後の資金が底をついてしまっていたということもあり得ます。
ですから定年退職後に株式投資に取り組むことは行っても良いのですが、現役世代が投資をする時よりも損をしないことを重視する必要があるのです。
まず株投資に興味はあるけど何もわからないという人は株入門サイトなどで学ぶと良いでしょう。 息子や孫に遺産を残したい、老後をより豊かに暮らしたいなど投資に興味を持つきっかけはそれぞれにあるでしょう。
しかし定年退職後に投資で身を滅ぼすと本当にリカバリーがきかないことがあるというのは、常に覚えておくようにしてください。

自分が死んだら持っている株はどうなる?

自分が亡くなった後の株について悩む男性株を保有している人が亡くなった場合には一時的に特定の保有者のいないものとして扱われることもありますが、権利についてはそのまま消失するということはありません。
株は現在の日本においては個人が保有できる資産として認められており、名義人が死亡した資産は相続という形で他の人に引き継がれます
マイホームを保有していた父親が亡くなって、そのマイホームの権利を息子が相続したというケースは珍しいものではありませんが、これと同じことが行われるのだとイメージすれば良いでしょう。
ただマイホームと違うのは、こうした証券が分割の行いやすい資産であるというところです。
例えばある企業が発行した1000株を遺族となる兄と弟が相続をする場合、どちらかがすべてを相続するのではなく、二人で500ずつ分けるといったことが可能です。
たったひとつだけ保有しているということは早々ありませんから、おおよその場合は相続の交渉の中で相続の比率をしっかり話し合う必要が生じます。
また最初の方で「特定の保有者のいないものとして扱われることもあります」と述べましたが、誰がどれだけ相続するかを決めていない場合は、相続人全員の共有財産として扱われることも覚えておきましょう。
先ほどの兄と弟が相続をする場合だと、ひとまず相続が確定するまでの間は、それぞれが2分の1ずつの権利を保有する形になります。
ただこの権利の共有というのは少々ややこしく、あくまでも500ずつもらう権利があるということではなく「その財産の意思決定の権利を共有する」と考えた方が無難です。
というのもどれを誰が相続するかというのは最終的な合意が出るまでは判断の出来ないことですから、例えば2分の1ずつ権利を有するということを、500株以内なら自由に使って良いという風に勘違いしてしまうことにつながるのです。
あくまでも共有するのはすべての財産であり、その意思決定権を分け合うといった形になりますから、最終的な合意が出る前にいくつかを売りたいなどの場合には兄と弟が二人で話し合って「売っても良い」と合意をしなくてはなりません。
また企業が定期的に開催する株主総会についても、権利を共有している状態では参加出来ないという制約が生じますから、もしこうした証券の相続が発生した場合にはなるべく早くから話し合いを進めてそれぞれが持つ分を決定するか、権利を放棄するか決めてしまうように心がけてください。

■資産についての相談先をまとめサイトで調べてみましょう
イーキャピタル株式会社